INDEX症状別治療法・症例

足底腱膜炎②

女子中学生 様

学生

名古屋市千種区

中学になり、バドミントンを始めました。
夏休みになり、練習がきつくなった時にかかとの痛みを感じました。
練習のし過ぎかなと思い、そのうち治るかなと思っていたのですが、
痛みがどんどん強くなってきたので、こちらに来ました。

施術カテゴリ
    適応症状

    来院前の状況は?

    初めは違和感くらいで、休めば治まっていました。。
    そのうち痛みに変わってきて、休んでも痛みが変わらない状態になってきました。
    少し踏ん張ると痛みが強く出てきました。

    担当治療師の所見

    踵周りだけでなく、足全体の筋緊張がかなり強く出ていました。
    また、足底腱膜炎の人はほとんど下腿の筋や足趾の筋を使えていません。
    この子も同じく使えていませんでした。
    その筋肉を促通してあげることで、痛みが軽減してきました。
    また施術と同じくらいセルフケアも大切です。
    しっかりやってくれたと思います。

    施術内容

    足全体の筋緊張を軽減。
    下腿筋、足趾筋の促通。
    膝、足首のバランス調整。

    通院後の症状変化は?

    1回目の施術で痛みが半分くらいになり、
    3回目が終わる時は、ほとんど痛みが出ない状態でした。
    セルフケアも教えてくれるので、
    練習後に少し違和感が出ても、家でケアをすることができて助かりました。
    現在も再発せず、部活に集中できています。

    症状が改善してうれしかったことは?

    とにかく練習、試合に集中できることです。
    練習尾休みたくなかったので、どうしようかと思っていましたが、
    練習しながらでも施術すれば大丈夫と言ってもらったので、
    ほっとしました。

    同じ症状で悩んでいる方へのメッセージ

    同じ部活にも足が痛くて練習を休んでいる子もいます。
    まずは、その子たちに勧めたいです。