立っていると腰が痛い~腰痛なら千種区ソレイユ接骨院本山へ~

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

当院には、お身体の痛みでお困りの方が数多く来院していただいていますが、
中でも腰痛の方が本当に多くいらっしゃいます。

ただ、腰痛と言っても、
前屈(腰をかがめる)で痛みが出る方、
後屈(腰を反らす)で痛みが出る方、
寝ていると腰が痛くなる方
立っている、座っていると腰が痛む方など様々です。

同時に椎間板ヘルニアを発症している方、
足にしびれが出ている方(坐骨神経痛)もいらっしゃいます。

これから、腰痛をタイプ別に分けて、状態や対処法などを
お伝えしていきたいと思います。

まずは、立っていると腰が痛くなる場合です。

先週ご来院された、40代男性。

元々腰が重い感じはあったが、痛みはなかった。
ここ2週間ほどの間に立っていると腰の左側に痛みが出てきたそうです。

早速お身体の状態を診させていただきました。
確かに腰周りの筋肉はかなり固まっています。
骨盤は、左が上に上がり、後方に捻れていました。
股関節の動きも悪く、太ももの筋肉もカチカチです。

ただ、それ以上に気になったのが、「かかと」です。

特に左のかかとが大きく内側に捻じれていました。
(左の足首の捻挫も何度かされているそうです)
足首周りは、建物でいうと基礎の部分です。
基礎がゆがんだり、ぐらぐらしていると上にどんな頑丈な建物を建てても、不安定ですよね。

それと同じことがこの方にも起こっています。
今回は、背骨、骨盤、足首の歪みの調整、周りの固まっている筋肉の調整を行いました。

1度ですべての症状が無くなったわけではありませんが、
痛みは半分以下になり、動きもスムーズになりました。
3日後に次回のご予約を頂いていますが、
かかとの調整をしたことで、良い状態が継続していたら最高です。

腰や骨盤の調整をすることで症状は良くなると思いますが、
かかとの調整を同時に行わないと、その場しのぎの治療になってしまいます。

痛みの本当の原因は、痛みの出ている場所以外にある典型的な例でした。
実際、腰が重いときにマッサージ店に行っていたけど、次の日には戻っていたそうです。

根本的な原因にアプローチすることで、早期に改善が可能です。

当院では、どのような症状に対しても、必ず全身の状態の確認をします。
今回のように、離れた場所が原因だったケースも多くあります。

マッサージ店などに行っても、なかなか改善せず、お困りの方が
いらっしゃいましたら、ぜひ一度お身体を診させてください。

症状の改善の糸口が見つかるかもしれません。ご連絡お待ちしております。

患者様の声