INDEX症状別治療法・症例

「眼精疲労」の症状と治療法 (がんせいひろう)

関連の施術

近年、PCや携帯電話(スマートフォン)の普及に伴い増加傾向にあります。
皆さんも思い当たる節はありませんか?

「眼精疲労の症状と治療法」の目次

  • 症状
  • 原因
  • 自分でできる対策
  • 当院の治療としては
  • 症状

    目について
    目が疲れる、ぼやける、かすむ、痛い、充血する、重い、しょぼしょぼする
    目がまぶしい、涙が出る

    他には
    肩こり、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感

    などがあります。

    休むと治る疲れ目は心配ありませんが、休んでも治らない眼精疲労は注意が必要です。

    原因

    目の使い過ぎ
    PC、携帯電話などを過度に使用

    目の病気
    白内障、緑内障、近視、乱視、老眼、ドライアイなど色々ありますが、
    特に老眼が眼精疲労の年齢層のピークと重なっています。

    精神的ストレス
    やはりストレスは目にも良くありません。

    自分でできる対策

    ・目の病気をチェックする

    ・メガネ・コンタクトレンズが自分にあっているかチェックする

    ・PC、携帯電話を触る時は、照明の明るさ、窓からの光を調整し、
    空調も直接目にあたらないようにする。

    ・作業を1時間したら、5〜10分の休憩をとる

    ・液晶画面が出すブルーライトを抑える専用メガネをする

    ・目の周囲を濡れタオルで温めたり冷やしたりし、血行を改善する

    当院の治療としては

    1.目に関わる頚肩だけをみるのではなく全身の状態をチェックしていきます。

    2.原因箇所とそこに関わる筋肉を緩めていき、関節への負担を軽減していきます。
    必要な方には同意の上で鍼灸や電気療法なども組み合わせていきます。

    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。

    4.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

    治療のペース

    状態にもよりますが、最初は週1〜2回行い、状態が安定してきたら
    徐々に間隔をあけていきます。
    その後はその方の状況に合わせて治療を行っていきます。

    ほとんどの人は、情報の90%以上を目から得ています。
    つまり多くの方が目を酷使している可能性があるので、
    目をいたわることを忘れないで下さい