INDEX症状別治療法・症例

「シンスプリント」の症状と治療法 (しんすぷりんと)

別名は脛骨疲労性骨膜炎といいます。

足のすねにある内側の骨(脛骨)の下から1/3付近に鈍い痛みが発生します。
運動時痛、腫脹が主症状で、地面をける動作(足の底屈)などで痛みは増強します。
痛いのを我慢し、運動を続けると「疲労骨折」につながる場合もあるので、
注意が必要です。

「シンスプリントの症状と治療法」の目次

  • 原因として考えられるのは
  • 当院の治療としては
  • 原因として考えられるのは

    基本的にはオーバーユース(使いすぎ)です。

    ジャンプ動作の繰り返し
    マラソンなどの長距離のランニング
    ふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下
    下肢の問題(O脚、扁平足、回内足(足首が内側に傾いている足)など)
    合わない靴

    などが考えられます

    当院の治療としては

    1.足だけをみるのではなく、全身の状態をチェックし原因を追究していきます。

    2.原因箇所とそこに関わる筋肉(特に下肢、骨盤)を緩めていき、
    関節への負担を軽減していきます。
    必要な方には同意の上で鍼灸や電気療法なども組み合わせていきます。

    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。

    4.足元の影響がある場合は、インソール療法(足底板療法)もあわせていきます。

    5.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

     

    治療のペース

    状態にもよりますが、痛みが強い場合は週に2-3回ぐらい、
    状態が安定してきたら、徐々に間隔をあけていきます。
    あとはその方の状況にあわせて治療を行います。

    本来は安静にし、治療を定期的に行っていけば、早期復帰も望めるでしょう。
    しかし最初は軽い痛みのために、無理して運動を続ける方が多いのが現状です。

    早期に治療していれば、治ったものが、無理に運動を続けていると
    1〜2年と痛みが続くことになりかねません。

    無理をするより、早めに治療を行い、痛みがとれてから競技に復帰することが
    ベストですよ!