INDEX症状別治療法・症例

「産後の骨盤矯正」の症状と治療法 (さんごのこつばんきょうせい)

関連の施術

出産した方なら、自分の骨盤のゆがみを
気にしたことがあるのではないでしょうか?

産後の骨盤の歪みの心配をされている方、
これから骨盤矯正をしてみようと考えている方に読んでいただきたいと思います。

「産後の骨盤矯正」の目次

  • なぜ産後に骨盤がゆがんでしまうのでしょうか?
  • 骨盤が戻らないと?
  • いつ矯正するの?
  • 矯正の効果は?
  • 自分でできること
  • 当院の治療としては
  • なぜ産後に骨盤がゆがんでしまうのでしょうか?

    「妊婦の腰痛」でもお伝えしましたが、妊娠すると「リラキシン」という
    ホルモンの分泌が盛んになり、骨盤を含めた関節や靭帯を緩めてしまいます。
    これにより、支える力が低下して腰、おしり、股関節など様々な症状が
    でてきます。
    産後このホルモンの分泌は落ち着くのですが、そのゆるんだ状態で
    子育て(抱っこ、授乳など)をしないといけません。
    特に抱っこは片側で抱く事が多いので、それにより、ゆるんだ骨盤が
    余計に傾いていきます。

    骨盤が戻らないと?

    骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、骨盤周辺の血流が悪くなり、
    脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため、太りやすくなります。
    産後にお腹が出て、妊娠前の服が入らなくなってしまうのは、このためです。
    他にも肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系のトラブルにも
    繋がってしまいます。

    いつ矯正するの?

    産後の骨盤矯正は産後2か月〜6ヶ月に行うのがおすすめです。
    6ヶ月以上経過すると骨盤が閉じた状態になるので、矯正に時間がかかります。
    早めの矯正を心がけて下さい。

    矯正の効果は?

    骨盤が正しい位置に戻ると、関節や靭帯にかかる負荷が軽減し、
    痛みなどの症状が落ち着き、また内臓も正しい位置で機能します。
    これにより血行が良くなり、基礎代謝も上がり、痩せやすい身体になります。
    産後太りを解消するには、産後6ヶ月間が重要で、骨盤矯正を上手に行えば、
    スタイルも元に戻りやすくなります。

    自分でできること

    産後はなるべく早めに骨盤ベルトを巻きましょう。
    妊娠や出産で大きく開いてしまった骨盤をしめ、元の状態に近づけ、
    腰痛の軽減やスタイルを戻していきましょう。

    当院の治療としては

    1.骨盤だけをみるのではなく全身の状態をチェックしていきます。
    2.原因箇所とそこに関わる筋肉を緩めていき、関節への負担を軽減していきます。
    お身体の歪みを整えて、その状態をキープするために、
    日常生活でうまく使えていない筋肉に刺激を入れて、
    バランスの取れたお身体にしていきます。
    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。
    4.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

    特に、バランスの取れたお身体にしていくことが重要です。
    当院では、トレーニングの要素を取り入れ、日ごろ、うまく使えていない筋肉を刺激し、
    また、使いすぎている筋肉を休ませてあげることで、正しく筋肉が使える状態にしていきます。そうすることで、骨盤の調整はもちろん、きれいな姿勢をキープできるようになります。

    「治療のペース」

    状態にもよりますが、最初は週1回行い、状態が安定してきたら
    徐々に間隔をあけていきます。
    その後はその方の状況に合わせて治療を行っていきます。

    トータルで3か月ほど必要になるケースが多いです。
    ※細胞、骨、血液、など人の身体は、破壊と再生を繰り返し、常にフレッシュな状態をキープするようにできています。そのサイクルは90日から120日で入れ替わるといわれています。その変化と同じく、骨格や姿勢なども同じようなサイクルで変化、定着していきます。
    ですので、施術での変化をしっかりと定着するには90日が一つの目安になります。

    皆さん、小さいお子さんがいて、なかなか治療に来られないのが現状です。
    当院ではキッズルームがありますので、小さいお子さん同伴でも
    治療が行えます。
    同じような悩みを抱えた方も、たくさんおみえになっています。
    ためらってないで、是非、一度お越し下さい。

    早く治療を行うことで、元気に子育てをしていきましょう!