ぎっくり腰注意報 

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

11月の中旬頃から、朝晩の冷え込みが強い日も出てきましたね。

それと同じくして、ぎっくり腰や寝違いの方の来院が増えてきました。
先週には、2年ぶりに来院いただいた方もいらっしゃいました。

皆さんに「何かしたのですか?」とお聞きしても、
ほとんどの方が「特に変わったことはしていません。」とお答えになります。

では、なぜ、お身体の不調がでてくるのでしょうか?
ぎっくり腰や寝違いなどは、急に痛みが出るのですが、
それまでに疲れを溜めこんでいたり、身体を冷やしてしまったりして、
お体の状態が徐々に悪くなっていたと思います。

強い痛みが出る前に、何かしらの予兆はあったと思います。
ただ、みなさん、お忙しいので、そのわずかな予兆に気づかず、
そのまま放置してしまい、
その結果、限界を超えて、強い痛みとして表面に出てきてしまった、
そんな感じかと思います。

わずかな予兆が出た時にケアをすれば、大きな痛みにはならないと思いますが、
なかなか難しい時もあります。

強い痛みが出てしまった時は、すぐに当院にお越しいただきたいのですが、
その前にご自宅でのセルフケアで対処できることも多いので、
軽いストレッチをいくつかご紹介いたします。

頚や肩の症状がある場合は、肩甲骨を意識して動かしてみてください。
当院では、頚や肩の痛み、肩こりなどの方には肩甲骨体操をお伝えしています。
頚や肩がおつらい方は肩甲骨が動いていないことが多いので、
この体操をすると肩甲骨が動き、身体が温まります。

腰の違和感がある場合は、腰を捻る動きもいいのですが、
それと合わせて、お尻の筋肉を伸ばすストレッチ、
太ももの前後をのばすストレッチをしてみてください。

腰の症状には、お尻と太ももの筋肉が大きく関わっています。
この2か所を緩めてあげると腰の症状が緩和されることが多いです。

是非、一度試してみてください。
(ストレッチの詳しいやり方はインターネットでも検索できますし、
お越し頂ければ、直接ご指導いたしますよ。)

あとは、お身体を冷やさない事です。
・運動で温める。
・お風呂にしっかりつかる。
・カイロをうまく使う。
・色々なタイプのウォーマーを活用する
などです。

特にお腹周り、肩甲骨の間、首回り、足首回りを意識して温めてください。

全国的にインフルエンザの流行期に入ったようです。
うがい手洗いも忘れずに、寒い冬を乗り切りましょう。

12月、1月の営業予定です。23日の祝日も営業しております。

年内は29日まで、年始は5日からの営業です。
年内に一度ケアをして、スッキリ新年を迎えましょう。

患者様の声