INDEX症状別治療法・症例

「頸肩腕症候群」の症状と治療法 (けいけんわんしょうこうぐん)

関連の施術

「頸肩腕症候群の症状と治療法」の目次

  • 女性に多いのも特徴の一つで、こんな症状がある方は、注意が必要ですよ!
  • 原因として考えられるのは
  • 当院の治療としては
  • 女性に多いのも特徴の一つで、こんな症状がある方は、注意が必要ですよ!

    肩こり、頭痛がひどい。
    首、背中がはって痛い
    手、指がしびれる
    手に力が入りにくい
    腕が重だるく、動かしにくい
    手や腕が冷たく感じる

    などの症状あります。

    原因として考えられるのは

    パソコンやスマートフォンの使いすぎによる頚肩腕への負担増加
    持続的な姿勢による筋肉の過緊張
    不良姿勢(猫背)
    ストレス

    などがあります

    当院の治療としては

    1.頚肩、腕だけをみるのではなく、全身の状態をチェックし
    原因を追究していきます。

    2.原因箇所とそこに関わる筋肉を緩めていき、関節への負担を軽減していきます。
    必要な方には同意の上で鍼灸や電気療法なども組み合わせていきます。

    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。
    全身のバランスをとり、頚肩腕への負担を軽減していきます。

    4.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

     

    治療のペース

    状態にもよりますが、しびれや痛みが強い場合は週2〜3回治療を行い、
    状態が安定すれば、徐々に間隔をあけていきます。
    その後はその方の状況に応じて治療をおこなっていきます。

    日々の仕事などで出てくる症状なので、定期的にケアをしていくことが大切です。
    自分できることは少しでも休憩をとることです。作業の合間に休憩をいれて、
    頚肩腕など負担を軽減し、ストレスがかかっている脳を休ませることです。

    そのままにしておくと、どんどん悪化し、しびれが出たり、力が入らなくなり、
    日常生活に支障が出てきますので、早めのケアを心がけて下さい!