INDEX症状別治療法・症例

「仙腸関節炎」の症状と治療法 (せんちょうかんせつえん)

関連の施術

あまり聞きなれない言葉でしょうか?
骨盤を構成する蝶の羽のような形の寛骨と真ん中の逆三角形の
仙骨の間の関節(図の赤いライン)に炎症がおきた状態に
なります。

仙腸関節は腰椎(腰の骨)の負担を下げるクッションのような役割を果たし、
腰椎にかかる負荷を分散する重要な部分です。
背骨の描く緩やかなS字カーブの形状も腰にかかる負荷を
吸収・分散する働きがありますが、背骨と仙腸関節が連動して
体の重心やバランスをコントロールしています。

つまりこの仙腸関節に問題が生じると、クッション機能が破たんして、
腰への負荷を支え切れなくなり、腰痛が発生することになります。

「仙腸関節炎の症状と治療法」の目次

  • 症状
  • 原因
  • 当院の治療としては
  • 症状

    ・片側の腰・臀部・下肢の痛み・しびれ
    ・長時間イスに座れない
    ・仰向けに寝れない
    ・痛い方を下にして寝れない
    ・歩行開始時は痛みがあるが、少しずつ楽になる
    ・月経時に症状が悪化する
    ・妊娠・出産を契機に症状が始まった

    片側に症状が出て、痛みの箇所を自分でここが痛いとピンポイントで
    示せることが多いのも特徴です。

    原因

    ・日常でよく中腰やそらす姿勢をとる
    ・日常で立ちっぱなしや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢でいる
    ・運動などで腰に強い衝撃を与える
    ・出産などで骨盤がずれる

    などがあります。

    当院の治療としては

    1.腰だけをみるのではなく全身の状態をチェックしていきます。
    2.原因箇所とそこに関わる筋肉を緩めていき、関節への負担を軽減していきます。
    必要な方には同意の上で鍼灸や電気療法なども組み合わせていきます。
    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。
    4.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

    治療のペース

    状態にもよりますが、最初は週2〜3回行い、状態が安定してきたら
    徐々に間隔をあけていきます。
    その後はその方の状況に合わせて治療を行っていきます。

    ほっておくと慢性腰痛の原因になる可能性があるので、
    初期段階でしっかりケアしておくことが大切です。