INDEX症状別治療法・症例

「椎間板ヘルニア」の症状と治療法 (ついかんばんへるにあ)

関連の施術

私達の身体の中心には24個の背骨があります。
この背骨が積み木のように重なりあい、その間に椎間板という軟骨が入り、
クッションの役割をして、身体を支えています。

椎間板ヘルニアとはこの椎間板が、なんらかの原因で飛び出して、
まわりの神経などを圧迫し炎症がおきて、痛みやしびれを出してしまうことです。
背骨の頚、胸、腰、どこでもおきますが、特に腰が一番なりやすいです。

「椎間板ヘルニアの症状と治療法」の目次

  • 原因として考えられるのは
  • 当院の治療としては
  • 原因として考えられるのは

    椎間板の老化(中の水分が減少し、圧力に耐えれない)
    重いものを持つ、
    急激なひねり
    長時間の座り仕事
    筋力低下

    などがあります。

    当院の治療としては

    1.痛い箇所だけをみるのではなく、全身の状態をチェックし
    原因を追究していきます。

    2.原因箇所とそこに関わる筋肉を緩めていき、関節への負担を軽減していきます。
    必要な方には同意の上で鍼灸や電気療法なども組み合わせていきます。

    3.ゆがみの矯正をストレッチや整体で調整していきます。
    全身のバランスをとり、負担を軽減していきます。

    4.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。
    かたくなってしまった筋肉は、ヘルニアには大敵ですので、
    しっかりストレッチをお教えいたします。

    治療のペース

    状態にもよりますが、痛みが強いうちは週2〜3回治療行い、
    症状が安定してきたら、徐々に間隔をあけていきます。
    その後はその方の状況に合わせて治療を行っていきます。

    長い間、神経の圧迫が続くとそこに炎症がおき、
    まわりの組織の繊維化や癒着がおきてきます。
    こうなるとなかなか根治することが厳しくなってきます。

    しびれなどが出たら早めに治療をし、
    神経の損傷を少しでも早くくい止めることが大切ですよ。