INDEX症状別治療法・症例

「妊婦の腰痛」の症状と治療法 (にんぷのようつう)

関連の施術

    大きなおなかを抱えて歩く妊婦さんにとって、頻繁にみられる症状で、
    特に妊娠中期以降、胎児が大きくなる時期から痛みを感じる方が多いですね。
    人によっては妊娠初期からなる方もいらっしゃいます。

    「妊婦の腰痛の症状と治療法」の目次

  • 原因
  • 妊娠中の対策法
  • 当院の治療としては
  • 原因

    まず妊娠中のホルモンバランスの変化があります。
    妊娠すると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。
    このホルモンには関節を緩める作用があります。
    赤ちゃんが産道でひっかからないように、骨盤周辺の関節や靭帯を緩めます。
    これにより骨盤を支えるバランスが崩れて、腰、おしり、足のつけ根などに痛みが
    おきます。

    次に姿勢の変化があります。
    週数とともにお腹が大きくなり、重心が前に移動し、バランスをとろうと
    腰を反らすことが多くなります。
    重くなった身体と重心の移動が重なり、腰・骨盤に負担がかかり腰痛がおきます。

    妊娠中の対策法

    腰痛には腰を支える筋肉の血行不良が関係します。
    よって妊娠中から適度に体を動かして、腰を支える筋肉の血流をよくしておくことが大切です。
    当然、治療院でケアをして疲労を貯めないことも大切な要素になります。

    また産後は赤ちゃんの抱っこやおんぶで、腰や肩への負担がますます大きくなるので、
    妊娠中から腰や肩の負担を少しでもケアしておくことは大切ですよ。

    当院の治療としては

    腰まわりの施術になりますので、安定期に入ってから治療を行うのが基本になります。
    ただし、それ以前の時期でもどうしても痛い方は、一度状態を診てからの判断になるかと
    思いますので、ご相談下さいね!

    1.腰だけをみるのではなく、全身の状態をチェックし原因を追究していきます。
    2.原因箇所とそこに関わる筋肉(特に背、腰、臀部まわり)を緩めていき、
    関節への負担を軽減していきます。
    3.最後に自宅でできるセルフケアをお教えします。

    治療の頻度は状態にもよりますが、おおよそ急性症状の方は週に2-3回ぐらい、
    慢性症状の方は週に1-2回ぐらい治療を行い、状態が安定してきたら、徐々に
    間隔をあけていきます。
    あとはその方の状況にあわせて治療を行います。

    当院としては定期治療を行い、「元気なマタニティライフ」そのお手伝いを
    させてもらえたらと考えております。

    そして産後はキッズルームもありますので、お子様連れで治療が行えるので、
    ご安心下さいね!

    産前、産後とどちらもしっかりサポートさせていただきます!!!