INDEX症状別治療法・症例

「自律神経失調症」の症状と治療法 (じりつしんけいしっちょうしょう)

自律神経とは、自分でコントロールできない自動で動く神経で、
活動時やストレス時に活発になる交感神経と、
睡眠時リラックス時に活発になる副交感神経の2つがあります。

普段はこの2つの神経がバランスよく働いて、身体を守っていますが、
そのバランスが乱れると自律神経失調症になります。

自律神経は全身をコントロールしているので、乱れると様々な症状が出ます。
例えば、疲労感、だるさ、めまい、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、
手足のしびれ、イライラ、不安感、憂鬱、感情の起伏がはげしくなるなどがあります。

これだけ症状があると他の病気が隠れている可能性もありますので、
専門家の判断をしっかりあおいで下さいね。

「自律神経失調症の症状と治療法」の目次

  • では簡単な自律神経のセルフチェックしてみましょう?
  • 原因として考えられるのは
  • 当院のおすすめ治療は
  • では簡単な自律神経のセルフチェックしてみましょう?

    □手足がだるくなりやすい
    □顔や手足に汗をよくかく
    □めまいや耳鳴りがよくおこる
    □立ちくらみをよくおこす
    □光に対してまぶしく感じることがある
    □寝てもすっきりしない(寝たりない)
    □胸が締めつけられる気がする
    □脈が速くなったり、途切れたりする
    □息苦しい時がある
    □夏場でも手足が冷える
    □よく胃の調子が悪い(胸焼け、食欲がない)
    □便秘や下痢によくなる
    □肩こり、腰痛が治らない
    □朝起きるとけだるい
    □天気の変化に弱い

     

    5つ以上該当していれば、自律神経に問題がある可能性がありますよ!

    原因として考えられるのは

    生活リズムの乱れ
    過度なストレス
    環境の変化
    ストレスに弱い体質・性格

    などがあります。

    当院のおすすめ治療は

    鍼灸治療になります。

    鍼灸治療は、身体全体のバランスを診るのが基本です。
    自律神経のバランスを調整するとともに、筋肉の緊張を和らげ、血行を促進し、
    肩こり、冷えなどの随伴症状も改善していきます。
    心地良い刺激が、副交感神経を刺激して、リラックス効果も期待できますよ!

    ただしこの治療は一定の期間をかけていかないと変化があらわれません。
    3ヶ月〜半年という長いスパンで治療をしていきましょう。

    是非、一度、ご体験下さいね!