肩こり、五十肩

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

先日、2年振りにご来院いただいた50代女性の方。

ご来院いただいている時は、頚や肩、背中のこりが強く、
とにかくガチガチの状態でした。
同時に内科的な疾患もあり、そちらも影響している状態でした。

2か月ほど来院いただき、徐々にお身体に変化が出てきた時に、
内科疾患の治療が集中的に必要になり、そのままになっていました。

お話を伺うと、1年ほど前から右肩が痛くなり、同時に動きも悪くなってきたようです。
昨年の11月頃に痛みが強くなってきたので、整形外科に通院していたのですが、
変化がないのと、リハビリ担当の治療師が毎回変わるので、
このままでいいのか不安に思っていた時に、
ふと当院を思い出していただき、ご連絡をいただきました。

お身体を見させていただくと、
屈曲動作 100度ほど
外典動作 70度ほど
伸展動作 5から10度ほど
内旋動作 ほぼできず
で痛みも伴っており、いわゆる五十肩のような状態です。。

肩が前に大きく出ており、巻き肩の状態です(特に右)
肩関節だけでなく、背骨、肩甲骨もほとんど動きがなく、
頚から肩、背中の筋肉もガチガチの状態でした。

夜寝ていても痛みが出ているようです。

早速治療に入ります。

背骨、肩甲骨の動きをつけます。
その周囲の筋肉を緩めます。
前に出てしまっている肩の位置の調整をします。
ここで、前腕の緊張が気になり、
前腕部分から手のひら、指の緊張を緩めます。
(全部ソフトな刺激でほとんど痛みはありません)

頚の調整している時に、
「もっと早く来ればよかったわ。」
お帰りに上着を着ようとした時に、
「アッ。前より肩が動きやすい。」
「コートが楽に着れる。」
と言っていただきました。

ご予約時も、
「前みたいにしっかり通います。」
と3回分の予約をいただきました。

ご来院されたときは、つらそうなお顔でしたが、
治療後やお帰りの時は、笑顔を見せていただけました。

五十肩はケースによっては、かなり治療に時間がかかるケースもあります。
ただ、少しでも早く痛みの改善ができるよう、日常不安なく過ごしていただけるよう、
全力で治療をさせていただきたいと思います。

同じく、辛い肩こりや四十肩、五十肩でお悩みでしたら、
ぜひ一度ご相談ください。
少しでもお力になれればと思います。

ご連絡お待ちしております。

患者様の声