手のしびれ【手のしびれなら千種区のソレイユ接骨院本山へ】

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

左手のしびれでご来院の40代女性。

半年前から左手の親指から中指がだんだんとしびれてきて、
最近はいつもしびれている感じがするとのことです。
デスクワークが主で仕事中がかなりつらいそうです。

早速、お身体を見させていただきました。

身体全体が左側に傾いており、骨盤も左側が上に上がり、後方に捻じれていました。
両肩が前に巻き込む、いわゆる巻き肩になっており、かなり猫背の状態です。
頚の骨の前弯が少なく、ストレートネックになりかけでした。
身体の歪みに対応して、筋緊張も強く、頭痛、肩こりもつらいようです。

当院では、基本的にお身体全体を整えていく調整を行います。
手のしびれだからといって、頚や肩だけを治療するわけではありません。
その部分だけを治療することで、一時的な軽減はあるかもしれませんが、
根本的な改善に向かうことは少ないと思います。

今回は、治療後すぐはお身体全体の辛さは軽減していましたが、
しびれの変化はあまり感じないとのことでした。

1週間後に2回目の来院でしたが、症状の経過を伺いました。
先回治療が終わり、翌日仕事をしていた時に、
しびれが弱くなっていることに気づいたとのことです。
初めのしびれが10だとすると、7程度になっていました。

週に1度来院いただき、1か月ほどは症状の変化は一進一退でしたが、
2か月経つ頃には、10段階で1か2ほどになっていました。

この方のケースでは、頚の問題はありましたが、
それ以上に背骨や骨盤の歪みが大きかったです。
その改善が進むことで、手のしびれをはじめ、頚や肩の症状の改善につながりました。

ちなみに、手のしびれの場合、色々な原因が考えられます。
・頚椎の問題
・胸郭出口症候群
(この方は骨盤、背骨の歪みから姿勢が乱れ、
その影響で胸郭出口症候群になっていました)
・肘部管症候群
・手根管症候群
・大胸筋、小胸筋の過緊張
・上腕部、前腕部の筋の過緊張 など

ただ、どれも、問診、検査、触診、動診などである程度鑑別できます。

現在は、再発予防も含め、2週間に一度のペースでご来院いただいています。
当初出ていた頭痛もほとんど出ず、快適に過ごせているそうです。

この方はご旅行がお好きで、よくお出かけしていらっしゃったようですが、
しびれが出てからは、なんとなく出かける気にならなかったそうです。
症状が軽減してからは、どこへ行こうか考えるのが楽しくなってきたと
おっしゃっていただけました。

手だけでなく、足のしびれでお悩みの方は多くいらっしゃいますが、
しびれだしてから期間が経っているほど、改善のスピードは遅くなります。

今回は2か月でほぼ落ち着きましたが、
状態によっては、3か月以上、中には半年ほど必要な場合もあります。
そうなってしまう前に症状を感じたら、すぐに検査、治療を行いましょう。

手足のしびれでお困りの方は、ぜひ、千種区のソレイユ接骨院本山にご相談ください。
お身体の状態を見極め、最適な治療をさせていただきます。

ご連絡お待ちしております。

患者様の声