肘内障

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

先日来られた5歳の女の子。

公園で鉄棒をしていて、くるっと回った時に急に腕が痛くなったとのこと。

お母さんは、ちょっとひねったのかなと思い、
様子を見ていたけど、腕を動かせないというので来院されました。

痛めた時の様子や状態を見て、すぐに肘内障を疑ったのですが、
念のため、手首や肩周りも確認し、問題なく、肘内障であることを確認。

ちなみに

【肘内障】
5、6歳までのお子さんに起こるもので、
肘が外れかかった状態を言います。(亜脱臼です)
腕の親指側の骨の肘に近い側は輪状靭帯という靭帯で
固定されているのですが、腕を急にひっぱったりすることで、
靭帯がずれて、骨がはずれかかった状態です。

施術ですが、、、10秒で終わります。
骨を元に戻すときに、一瞬痛みが出ることもありますが、ほんの一瞬です。

「腕を上げてみて」と言ったら、恐る恐る腕を上げ、「痛くない」と笑顔になりました。

治療師として、一番うれしい瞬間ですね。
基本的に一度はまれば、自由に使ってもいいのですが、
一度外れた肘は外れやすくなることもあるので、
急に手を引っ張るなどの動作に注意が必要です。
中には、寝返りをしただけで外れてしまう子もいます。

癖になりやすいと言いますが、成長と共に骨がしっかりしてきて、
先ほど伝えた輪状靭帯から外れることはなくなりますので、ご安心ください。

今回、お母さんが、整形外科でレントゲンを撮ったほうがいいか迷われたそうです。
急に腕を動かさなくなるので、びっくりしますよね。

骨折、脱臼の疑いがある場合は、レントゲンが必要ですが、
肘内障の場合だと、レントゲンでは確認できません。

以前来られた方は、

「整形外科でレントゲンを撮って異常なしと言われ、
様子を見てくださいと言われた」という方もいらっしゃいました。
(体を見て、確認して欲しいですよね)

全て当てはまるわけではないですが、
仮に骨折、脱臼していれば、じっとしていても痛みがあります。腫れも出てきます。
肘内障は、じっと腕を動かさなければ、痛みはありません。腫れもありません。

腕をだらっとしているか、反対側の手で腕を支えています。
腕を引っ張った、転んだなどで急に腕を動かさなくなった時は、すぐにご相談ください。

肘内障であれば、すぐに整復しますし、
骨折、脱臼などレントゲンが必要であれば、整形外科をご紹介いたします。

以上、肘内障の症例でした。

患者様の声