INDEX症状別治療法・症例

「肘内障」の症状と治療法 (ちゅうないしょう)

関連の施術

    肘内障。

    なんだか聞きなれない言葉かもしれません。

    2歳から4歳くらいのお子さんによく起こります。

    手をつないでいて、親が不意に腕をひっぱったりした時に
    急に手を動かさなくなり、無理に動かそうとするとかなり痛がります。
    肘が痛いと言ったり、時には肩や手首が痛いと訴えることもあります。

    手の甲を前に向けた状態で、腕を下にだらんと下げている場合が多く、
    見た目は肘が外れたような状態になります。

    ただ、これは肘が完全に外れたわけではなく、
    肘の関節を支えている靭帯がずれた状態です。

    初めての方はびっくりしてあわてて病院にいってレントゲンを撮ってもらいますが
    特に異常はありませんと湿布を渡されて終了といったケースもよく聞きます。
    (先日来院いただいた2歳の子の時もそのような対応だったようです)

    では、接骨院でどのような治療をするのでしょうか?

    痛くなった時の状況、身体の状態を確認し、
    (念のため、肘だけでなく肩や手首の損傷がないか確認します)

    肘内障と確認してから、ずれた靭帯、骨を元の位置に戻してあげる。

    これだけです。1、2分で終わります。

    案外あっけないです。

    今まで痛くて泣いていた子もケロッと元気になり、腕を使うようになります。

    つないでいた腕を強く引っ張った
    じゃれて遊んでいて、腕が体の下敷きになった
    両手をもって、ブランブランした(伝わりにくいですね)
    鉄棒をしていた(前に肘内障になった子はクセになり、簡単に外れやすくなります)

    そんな後に、お子さんが腕をだらんとさせたら、接骨院に連れて行ってみてください。

    もちろん、ソレイユ接骨院本山でも対応可能ですよ。

    ご相談お待ちしております。