アロマでしゅわしゅわバスボム作り! ~千種区 ソレイユ接骨院本山~

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

お盆休みが終わり…8月も後半に入ると夏休みが終わる気分になりますね。
でも、この暑さはまだまだ9月に入っても続きそうです。(>_<);

少し前のブログで…だるさ・胃腸不良などの夏バテ症状は、
体内の【活動と休息】のスイッチが上手く切り替えられなくなり起こる症状と
お伝えしました。

そんな症状に対してアロマテラピーでも、精油の<香り>と<薬理成分>の作用で
自律神経の乱れを調和し、体を元気にすることができます♪
そんな夏バテ症状におススメのアロマオイルと使い方のご紹介させていただきます!

<おすすめオイル>
ラベンダー・アングスティフォリア
ゼラニウム・エジプト

自律神経バランスを整えて、体内から元気にさせます。
肌に優しく、お子様にも安心して使えるオイルです。(虫除けの作用もありますよ♪)

夏は、湯船につかる気分にならなくてシャワーだけで済ましてしまう…
そんなことありませんか?

夏バテ症状を感じる時にぬるめの湯船にゆっくりつかること!

実は、湯船につかることが体内のスイッチを【休息】に切り替えるのに
とても有効なんです。
そしてさらに入浴時に…自律神経の乱れを調和するアロマオイルを使用した
アロマバスがおススメです!

アロマバスの方法で以前「ぽかぽかバスソルト」をご紹介しましたが、
今回は、お風呂でしゅわしゅわと泡ガスの出るバスボム(発泡入浴剤)を作ってみましょう♪
精油の薬理作用に加え、クエン酸で疲労回復・重曹で血行促進します!

作り方は簡単!全部混ぜて固めるだけです!
ぜひ、お子様と一緒に楽しんで作ってみてください♪

☆ 材 料 ☆  (バスボム2個分)
・ 重曹80g ・ クエン酸40g ・ 天然塩80g
・ エッセンシャルオイル  8滴前後

☆ 作 り 方 ☆
1. 材料の粉を混ぜます。重曹とクエン酸、天然塩をよく混ぜます。

2. 香りと効能を高めるため、エッセンシャルオイルを垂らします。
さらによく混ぜます。何となく重さがあり、もったりするまで。
ビニール袋の上から握って、ちょっと固まる感じになります。
※固まらない場合は、1滴ずつ様子を見ながらオイルを足してください。
※エッセンシャルオイルには直接触れないようにしてください。

3. ビニール袋の上から握って丸くする。かなり力を入れてぎゅうぎゅう握ります。
丸くなったらビニール袋から出してラップでくるみ、くるんだまま1日置いて
固まらせます。

固まったら出来上がりです!

※注意※
お肌がデリケートな方は精油3滴から始めてください。
また、刺激を感じた場合は使用を中止してください。

先日のブログでは、「夏バテにおススメのツボ」をご紹介しました。
湯船につかりながら…または、お風呂上りのセルフケアの参考になさってください♪

実はこれからの残暑の季節に入ってから、
夏の疲れによる体調不良を感じやすくなります。(>_<)
不調を感じたら、ゆったりと過ごす時間を大切に…頑張りすぎないようにしましょう。

患者様の声