交通事故でのむち打ち、背中痛

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

昨年12月の後半に交通事故に遭われ、むち打ちと背中の痛みで来院された40代男性。

赤信号で停車中に、後ろから追突されてしまいました。

事故当初から、頚と背中の症状があり、職場近くの外科に通院されていたのですが、
電気での治療のみで、なかなか改善がなく、このままでいいのか不安になり、
当院にお越しいただきました。

頚や背中、腰の筋緊張は強く、全体的に鈍重感がある状態でした。
動きを見させていただきましたが、後ろにそらす動作で痛みがでています。
車の運転やPC作業など、同じ姿勢が続くと、痛みが増してくるそうです。

整形外科的な検査をしましたが、幸い、神経には異常がありませんでした。
むち打ちの場合、手のしびれなどの症状が出るケースもありますので、少し安心しました。

ただ、このままでは、お仕事にも支障が出ていますので、
早急に改善していかないといけない状況です。

早速治療に入りました。

背骨、骨盤の動きをつけ、固まってしまっている筋肉を緩めていきます。
初めはなかなか緩みを感じられませんでしたが、
3回目を過ぎた頃から、緊張が解けてきた感じが出てきましたので、
継続して治療を行いました。

お仕事が忙しく、頻繁には来院できず、症状の改善スピードもなだらかな感じでしたが、
何とか症状の改善ができ、2月末で無事卒業していただきました。

今回の方のように、事故当初行った病院や接骨院で変化が少なく、
お悩みの方も多くいらしゃると思います。
交通事故でのむち打ちなどの症状の場合、時間が経つとともに、症状が重くなることもあり、
適切な治療をしないと、症状が進むだけでなく、改善する期間も長くなってしまいます。

この方の場合は、事故後10日ほどで、
転院していただいたので、比較的早めに改善できたと思います。
(むち打ちは、通常の頚の痛みに比べ、改善期間が長くなる傾向にあります)

転院しても、治療は継続して可能ですので、もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、
ソレイユ接骨院本山にご相談ください。

改めて、しっかりとお身体の状態を見極め、最適な治療をさせていただけると思います。
症状の改善に微力ながら、お力になれればと思います。

ご連絡お待ちしております。

患者様の声