スポーツでのけがは健康保険での対応可能です

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

当院に来院いただいているほとんどの方は、自費での治療を受けていただいております。
全身をしっかり調整する総合的な治療が人気のコースとなっています。

ただ、最近は、スポーツでのケガで来院される方が多く、
・サッカーでの足の捻挫、
・陸上での膝の痛み
・スカッシュでの肉離れ
・アイスホッケーでのももの打撲
・ゴルフでの背中の筋挫傷
・合気道での肩の捻挫
など多岐にわたっています。

ケガも、足の捻挫、肉離れ、ももの打撲、関節の痛みなど様々です。

そのような急性期のけがの場合は、健康保険を適応して施術を行っています。

健康保険での施術は、負担する金額が少なくて済む反面、部分的な施術しかできず、
全身の調整などはできません。
しかし、まずはけがの痛みを抑えるという意味では、局所的な治療でも十分効果が出ます。

けがをしてから治療を早くスタートできれば、治るスピードの速くなり、
後遺症も残りません。

足の捻挫では、足首だけでなく、足全体の筋肉の調整、
ももの肉離れでは、損傷した筋ではなく、その周囲の筋を刺激することで、
けがをした筋肉の炎症を抑えます。
陸上での膝の痛みも同様に、膝だけではなく、股関節から足関節までの調整を
行います。

当院の急性期への治療は、患部への刺激は最小限にとどめ、
周囲の筋肉を積極的に動かしていきます。
痛みがあるから、固定していればいいというわけではなく、
動かせる状況ならどんどん筋肉に刺激を入れていきます。
(痛い治療ではないので、ご安心ください)

急性のけがの場合、皆さんすぐに来院してくれますが、
中には、様子を見ていれば治るのではと考え、そのまま1か月ほど経過して
やっぱり痛みが引かないから来院される方もたまにいらっしゃいます。
そういった場合は、治るのに少し時間がかかrことが多いです。

けがが治れば、治療はいったん終了しますが、
けがをした理由が体のバランスの乱れなどからくるものであれば、
その後のメンテナンスをしていくケースもあります。

スポーツでけがをして来院するのは、学生が多いので、
いついつに大会があるから何とかしてほしいといった要望も多いです。
症状、期間にもよりますが、できることを全力で対処し、
何とか希望通りの結果がでるようサポートしています。

このように、当院は急性のけがから全身の慢性の症状まで、
健康保険での治療、自費での治療をお身体の状態に合わせて
ご提案させていただきます。

スポーツでのけがはもちろん、その他お身体の痛みお悩みを
しっかりとサポートさせていただきます。
ぜひ当院にご相談くださいお待ちしております。

患者様の声