足の捻挫【足の捻挫なら千種区のソレイユ接骨院本山へ】

ブログカテゴリ
関連の施術
関連の症状

先回のブログで足の甲の痛みで来院した大学生女子ですが、
足の甲の治療中に足首の捻挫もしてしまったんです。

初回の治療後、次回の予約の前に電話がありました。
治療後、症状が悪化したのかと心配になったのですが、
「今日、でこぼこのところを歩いていて、バランスを崩して
足を捻ってしまいました。」ということでした。

早速、来院いただき、足を見させていただきました。

典型的な内反捻挫です。
前距腓靭帯部に圧痛、腫脹が軽く出ておりましたが、皮下出血はなしでした。
分類では、1度の損傷です。
軽い損傷で安心しましたが、中足部のケガもあるので、
1か月後の駅伝に出るため、計画的な治療が必要になります。

各種検査後、しっかりと損傷部位を見極めて、治療を行いました。
捻挫をすると、足関節に歪みが出ます。
それを整えてからでないと、今後の治り方に差が出てしまいますので、
しっかりと整復操作(元通りの位置に戻す)を行いました。

腫脹を抑えるため、痛みを軽減するため、筋膜リリースをするために
電気治療を行いました。

治療後、足首に負担をかけないようサポーターをしてもらい、その日は終了です。

3日後に再度来院です。
腫れが強くなったり、皮下出血が広がっていないか確認しましたが、
大丈夫で、荷重時の痛みも肇が10とすると、3~4ほどになっていました。

順調に痛みは軽減して来て、捻挫してから4回目の治療後には、
ペースを上げて走っても痛みはほとんど感じない程度になりました。
(走った後、軽く違和感は残るようですが)。

今回は、けがの程度が軽かったこと、捻挫をしてからすぐに治療できたことで
早期の回復が可能でした。

たかが捻挫と思ってそのままにしていると、
何か月たっても、違和感が残ることにもなりかねません。

どんなケガでもそうですが、早期治療が一番大切です。
違和感を感じたら、まず接骨院、整形外科にお身体を診てもらってください。
何もなければ、安心ですので。

ソレイユ接骨院本山には、スポーツのケガから慢性の肩こり、腰痛、膝痛、
交通事故でのむち打ち、頭痛、手足のしびれなど多くの方にご来院いただいております。

ご相談でも結構です。ご連絡お待ちしております。

患者様の声